システム会社様向け 受発注・予実管理システム構築

システム会社様向け 受発注・予実管理システム構築

システムとデータの一元化による業務の大幅な効率化と
将来を見据えた開発ツールの選択

  • システムとデータの一元化
  • 投資効果の最大化
  • システム内製化に備えた開発ツールの選択

導入製品

 ・intra-mart Accel Platform
 ・IM-BIS
 ・IM-FormaDesigner

案件規模

 ・案件規模:-
 ・スケジュール:36ヶ月

データの統合管理によりプロジェクト収支を可視化

お客様の抱えていた問題は、受託業務と購買業務でそれぞれ異なるシステムを使用していたこと。同じプロジェクトであるにも関わらず、システムが異なっていたことでそれぞれのシステムでデータの管理を行っていた。その結果、プロジェクトごとの収支把握は人手で集計することとなり、データの集計ミスや集計作業に多くの時間がかかることで、目指すべき正確でスピーディーな経営数値の把握とは程遠い状態となっていた。
そこでintra-martを利用してシステムを統合するとともに、収支管理機能を新たにアドオン開発を行った。その結果、1つのシステム内にプロジェクト収支に関わるデータが統合管理され、正確でスピーディなプロジェクト収支の把握が可能となった。

ポイントを絞ったシステム化により投資効果を最大化

稟議ワークフローシステムを再構築するにあたり、お客様の業務負担を決められたコスト内で最小限にするために様々な工夫を行った。その最たるものとして挙げられるのが、メイン顧客に絞った見積・請求書発行機能だ。
得意先ごとに指定のフォーマットの見積書や請求書があり、そのすべてをシステム化するには大きなコストと時間がかかる計画となった。そこで顧客の中でも大きな取引量を占める顧客に焦点を絞って見積・請求書発行機能を開発する方針とした。その結果、業務負荷の軽減を低コストで実現した。

システム開発の内製化を見据えた開発ツールの選択

お客様への製品リリース後、システム導入後はお客様自身でシステムのメンテナンスを行いたいと要望を頂いていた。
そこで当プロジェクトではIM-BIS/IM-FormaDesignerを用いたローコード開発を採用した。ドラッグ&ドロップでシステム改修が可能な開発ツールを用いることで、軽微な改修であればお客様自身で実施し、新しい機能であれば社外に依頼するなど、費用対効果の高いシステム投資が可能となった。