Spendiaとは

業務効率化・コスト削減・コンプライアンス強化に貢献する、クラウドサービスの経費精算システムです。
Spendiaの操作はスマートフォンで完結し、どこからでも申請処理が可能です。
多様な管理機能があり、自社に合わせたカスタマイズも簡単に実現できます。
申請・手配、支払・精算、分析・連携まで、経費精算業務がワンストップで対応可能です。

Spendiaの機能

Spendiaは、申請・手配、支払・精算、分析・連携までワンストップで経費精算業務を支援します。

Spendiaの特徴

■スマホ標準・スマホ完結

申請者も承認者も、スマホで作業可能で、処理が完結します。
直感的に使いやすい画面設計で、操作に慣れるまで時間がかかりません。
処理も速いため、ストレスもなく、隙間時間に処理を行うことができます。
Android/iOS両方に対応しており、PCでの操作もできます。

■豊富な分析機能と管理機能

予算を設定しておき、現在までの経費使用状況をリアルタイムで把握することができます。
規定違反のチェックや経費予実の管理したり、レポートを出力することができます。
これらの管理機能に関しては、もちろんスマホでも確認可能です。

サービス利用料金

お客様のご利用シーンに応じたオプションも選択可能です。

Spendia新料金表

※上記価格はご契約ユーザー数等により変動いたします。 / 電子帳簿保存法対応の際は、株式会社インテックの「快速サーチャーGX」へのお申し込みが別途必要となります。 / コーポレートカード明細取込機能をご利用の際は、株式会社JTBビジネストラベルソリューションズの「J’s Navi Jr.コーポレートカード連携サービス」へのお申し込みが別途必要となります。 / 交通系ICカード明細スマホ取込機能をご利用の際は、株式会社ジェイアール東日本企画(販売代理店:JR東日本メカトロニクス株式会社)の「交通費精算サービス transit manager」へのお申し込みが別途必要となります。 / 予約・手配機能については連携するサービスにより別途料金が発生する場合があります。 / 上記価格に消費税は含まれておりません。

Spendiaのご利用ユーザー数に応じて、1ユーザーあたりの基本利用料に各種オプション料金が加算されます。

Spendiaオプションについて

*1 電子帳簿保存法対応は、株式会社インテックの「快速サーチャーGX」との連携を行います。 *2 交通系ICカード明細スマホ取込は、株式会社ジェイアール東日本企画(販売代理店:JR東日本メカトロニクス株式会社)の「交通費精算サービス transit manager」経由で明細を取り込みます。 *3 コーポレートカード明細取込は、株式会社JTBビジネストラベルソリューションズの「J’s Navi Jr.コーポレートカード連携サービス」経由で明細を取り込みます。J’s Navi Jr.のチケット手配サービスと合わせてご利用になる場合は、チケット手配サービスの利用ユーザー数と同数としてカウントいたします。

Contact お問合せ

フォーカスシステムズは、確かな実績に基づくintra-mart技術を用いて
様々な業種のお客様へシステム導入を行ってまいります。
ぜひお気軽にお問合せください。